日枝神社 お問い合わせ アクセスマップ

個人の方 法人の方 新年初祈願/予約 出張エリア 喫茶室

日枝神社のご祈願

日枝神社のご祈願 山 王 祭

 スマートフォンサイトはこちら

出張エリア

「出張祭典」のご案内

当社神職が現地に出張して祭典をご奉仕致します。
工事・建築関係の諸祭の他にも、社運隆昌祈願祭・開店清祓・ 事務所移転清祓・社員健康祈願祭・創立記念祭・神棚祭等出張奉仕致しますので、お日取り準備などの詳細については、当神社 社務所に御相談下さい。

氏子区域

以下の氏子区域に出張して祭典をご奉仕致します。

千代田区 新宿区 中央区 港区
  • 永田町 2・3丁目
  • 霞が関 3丁目
  • 平河町 1・2丁目
  • 隼町
  • 麹町 1~6丁目
  • 紀尾井町
  • 一~六番町
  • 九段南 3・4丁目
  • 九段北 3丁目2番・3番
  • 九段北 4丁目
  • 大手町
  • 丸の内
  • 有楽町
  • 内幸町
  • 四谷 1丁目
  • 八重洲 1・2丁目
  • 日本橋 1・2・3丁目
  • 日本橋茅場町 1・2・3丁目
  • 日本橋兜町
  • 京橋 1・2・3丁目
  • 銀座 1丁目1番~16番
  • 銀座 2丁目1番~9番
  • 銀座 3丁目1番~8番
  • 銀座 4丁目1番~8番
  • 銀座 5丁目1番~10番
  • 銀座 6丁目1番~12番
  • 銀座 7丁目1番~11番
  • 銀座 8丁目1番~11番
  • 八丁堀 1・2・3・4丁目
  • 新橋 1丁目

出張エリア

出張エリア

「工事関係諸祭典」のご案内

我々の人生に欠くことのできない住宅の建築が完成するまでには、幾多のおまつりが行なわれます。

お申し込み・お問い合わせは、日枝神社社務所まで
日枝神社社務所 TEL03-3581-2471

地鎮祭(じちんさい)

地鎮祭「とこしずめのまつり」ともいいます。
オフィス・店舗ビル、一般住宅その他各種建物の新築、或は各種土木工事の起工に際して、土地の神を祀って神慮を和め、土地の平安堅固と工事の安全を祈願する重要な祭です。

地鎮祭(ぢちんさい)

【鎮物について】
鎮物とは土地の神に献ずる賂の品で、『延喜式』には「金銀各五両銅鐵各五十斤水玉五十枚」と見え、他にも人像・銭・長刀子・小刀子・鉾・盾・玉等種々のものが鎮物として使用されました。
『日本書紀』には持統天皇六年五月に「藤原の宮地を鎮め祭らしむ」と、地鎮祭を行った事が記されていますが、この鎮物は奈良藤原京跡から出土した「富本銭九枚と水晶九本を収めた平瓶」を基に謹製したものです。

地鎮祭(ぢちんさい)

【鎮め方】
平瓶に水晶を入れ酒を注ぎ、銅銭九枚を入れて平瓶の口を和紙で覆い、麻で括って元の箱の収め、主要建物の中央に当る位置に杭を穿ち埋納してください。
その際には、「此の鎮物を此の所に底都磐根に納め奉り鎮め奉らくを平らけく安
らけく聞食せと恐み恐みも白す」と心中でご祈念下さい。

地鎮祭(ぢちんさい)

立柱祭(りっちゅうさい)

現在は立柱祭を行なう場合が少なくなりましたが、地鎮祭、釿始祭に次いで行なわれる祭で、屋舎の形状を造る第一の意義ある祭です。 即ち社殿や家屋を造営する際、その柱を立てる儀式をいいます。 古来、柱を立てることは最も重要であり、伊勢神宮では正殿中央の柱を「心之御柱」と称して最も尊び、古くは地鎮祭に続いて同日に行なわれました。 家造りに欠かせない祭です。

鋲打式(びょううちしき)

近代建築に於て行なわれる新しい祭に鉄柱の鋲打式があります。
鉄骨の建築においては鋲を以て鉄材を堅固に締めることが、建築を完全ならしめるための第一であることから、現代の建築においては重要な儀式として執り行なわれます。

上棟祭(じょうとうさい)

古来最も広くそして鄭重に行なわれる祭です。
単に「むねあげ」ともいいます。
舎屋等の造営がほぼ完成し、 棟木をつくり、これを揚げるにあたり、工匠等の祖神を祀って行なう儀式であり、工事の御礼と完成の速やかならん事 を祈願する祭典であり、工事関係者にとっては、最も感銘深い祭であるといわれます。

鋲打式(びょううちしき)

竣工祭(しゅんこうさい)

工事を始めるにあたり、その安泰を祈願したならば、その建築や工事が 終わって感謝の祭を行なうことは当然のことです。
竣工祭は オフィス・店舗ビル・一般住宅等の新築工事が神々の加護により無事竣工したことを感謝すると共に建物が末長く堅固ならんことを祈る祭です。

竣工祭(しゅんこうさい)

ページTOPへ戻る