日枝神社 お問い合わせ アクセスマップ

個人の方 法人の方 新年初祈願/予約 出張エリア 喫茶室

日枝神社のご祈願

日枝神社のご祈願 山 王 祭

 スマートフォンサイトはこちら

お宮参り

お宮参り

①初宮詣とは
初宮詣は、無事に出産を終えたことを神様に奉告するとともに、お子様が生まれて初めて神社に参拝することで新しく氏子として認められ、大神様のご神徳によって今後健やかに成長することを祈る行事です。
慶長9(1604)年、後の3代将軍徳川家光公が江戸城内にて誕生された際、徳川家の産土神である日枝神社に初宮詣を行いました。以来徳川将軍家が慣例的に日枝神社に初宮詣を行うようになり、後にその慣習は庶民にも広がっていきました。

②赤ちゃんと犬張子

昔から伝わるおまじないに、『むずがる赤ん坊を寝かすには「いんのこ」と唱える』というものがあります。「いんのこ」とは「犬の子」の転じたものです。犬は悪いものを察知して追い払う能力があるとされ、「いんのこ」と唱えることで子供が悪夢に襲われるのを防ぐという考えがあったようです。このおまじないと同様に、犬張子の置物を子供のそばに置いて魔除けにするということも行われました。初宮詣の際には是非当社の子育守をお受けになり、お子様の健やかなご成長をお祈り下さい。

③お食い初め

初宮詣の御祈祷をお受けの方には、お喰い初めの一式をお頒かちしております。お喰い初めは子供の成長を神様に感謝し、将来食べるものに困らないように行う儀式で、一般的に生後百日目に行われます。一例として食膳に魚(多く尾頭付きの鯛)、汁物、赤飯、香の物(多く梅干し)、煮物を盛り、親戚の内の長者のものが箸を取り、子供に食べさせる所作をします。古くは氏神様の境内からお借りしてきた石を置き神様の依代とし、子供の歯が丈夫になうようにと祈る風習がありました。

④ 初宮詣の時期

初宮詣は伝統的に、男の子は生後32日目、女の子は生後33日目にお参りするのが習わしですが、お子様の健康を考え、またご家族のご都合の合う日を選んでお参りください。

お宮参りお宮参り

受付時間

午前9時~午後4時半(常時)

受付場所

山王夢御殿内受付(平日は中庭授与所にて承ります)

ご祈願料

1万円から申受けます

お申し込み・お問い合わせは日枝神社社務所まで

貸衣装、着付け、記念写真、お食事等もお承り致します。

初宮詣

スタジオ・境内写真

ページTOPへ戻る