日枝神社 お問い合わせ アクセスマップ

個人の方 法人の方 新年初祈願/予約 出張エリア 喫茶室

日枝神社のご祈願

日枝神社のご祈願 山 王 祭

 スマートフォンサイトはこちら

安産のご祈願は日枝神社へ

安産祈願

安産祈願戌の日腹帯

授与品出産からよくある質問

妊娠五ヶ月目の戌の日に巻く帯

帯祝い(おびいわい)

犬はお産が軽いので、それにあやかって「戌の日」に帯を巻くといわれています。「戌の日」とは日に配当された十二支の「戌」にあたる日のことです。十二支なので、1ヶ月に2、3回程度巡ってくるものです。お家にあるカレンダーにも「いぬ」「戌」と書かれてる場合もあるかもしれません。それが「戌の日」です。なぜ戌の日なのかといいうと、多産で安産の犬にあやかって行われるという考え方が一般的ですが、古来犬は悪霊を防ぎ狐狸から子供を守るという理由もあるようです。本来は戌の日に安産祈願に行くのですが、最近では事前に安産祈願をすませ、お祓いしてもらった腹帯を戌の日に巻く、といった方も多いようです。

帯祝い(おびいわい)
腹帯

腹帯のはじまり

『古事記』によれば、仲哀天皇の皇后でいらっしゃった神功皇后『息長帯日売命(おきながたらしひめのみこと)』が、朝鮮半島に出兵した時、お腹には後の応神天皇を身ごもっていました。そこで、石を帯の中に巻きつけて出かけ、帰った後無事にご出産されたことが書かれています。これを以って腹帯の起源ともいわれています。 平安時代に、公家社会で宗教的儀式の一つとして定着し、江戸時代には庶民にも広がってゆきました。

腹帯始末

「腹帯からおしめまで」といわれるように、かつては腹帯の生地を加工して産着やおしめに使うのはあたりまえのことでした。腹帯は単に記念品としてとっておくのではなく、安産感謝の気持ちをこめて使いきりたいものです。昔から、おしめとしてその役目を終えさせることが多いようです。安産祈願をした神社へは、初宮参りで無事出産が終ったことを報告し、引き続き無事な成長を見守っていただきましょう。

腹帯の巻き方

受付時間 午前9時~午後4時半(常時)
受付場所 山王夢御殿内受付(平日は中庭授与所にて承ります)
ご祈願料 1万円から申受けます

※予約の必要はございません

赤坂側参道(山王橋)には登り専用エスカレーターがあります
山の上にはお車で登ることができます。

※お気軽にご相談下さい。電話03-3581-2471

ページTOPへ戻る